達成の後の大負け戦 〜もてなしOLのとある一年中〜

私は橋渡しをやる
おごりじゃないが成果は終始上方。その目的の一つに昔ながらのアフターサービスが大得意なのである。
そういった私の毎日の中で起きた成功と失敗のお喋りだ。

常に橋渡しをしていると店舗の会長の長男氏(エグゼクティブ)から1通のメルアドが届いた。

「何?」と思い、メルアドを解く。

「今週の金曜日にそちらに行くので夜の設置お願いします!」という要項。

今まで2都度お話した水準だったのですが、私のリーダーなどを飛ばして長男氏から直々にメルアドが届いた。

「これはアピールするチャンスだ」それほど思った私は如何なるお暖簾がびいきか長男氏にダイレクトメルアドを
送って確認する。

1.特に可愛らしい夫人のいらっしゃる暖簾
2.見た目は通常だが可笑しいお暖簾
3.特異的お暖簾
4.オネエ系のお暖簾

解答は2と返ってた。この時点でアフターサービス慣れやる私はいくつか暖簾が決まっていた。

週末は楽しんでもらおう。そんなふうに思って仕事に戻る・・・

うれしかった私はメルアドをもらったその日の夜に人々の代表とのアフターサービス中にこういうメルアドをもらったことを
話してしまった。

これが最大のミスの発端です。

「会長の長男氏がいらっしゃるというのなら嬉しいお暖簾を教えてあげよう」とその代表から言われ、「個室の居残るウェイティングルーム」
に連れて行って頂いた。

個室になっているウェイティングルームなどあるのかと初めての衝撃で気分の上がってしまった私はこの店に話をして
下ごしらえをその場でしてしまった・・・

週末になり、会長の長男氏が私の店にいらっしゃる。少々残業をしてしまい、お待たせしてしまったが
やさしく待って下さった長男氏に「ようやく楽しんでもらわねば」と10数年行きつけの居酒屋にお連れ始める。

そこは居酒屋だが店員自分気さくに話をしてくれてみんながみんな何かしらのトピックを秘めるので
笑顔が絶えない。

居酒屋にいる間に仲のいい同士が遅れて合流してきた。

こいつとは始終一緒にいて打ち上げでは漫才タッグのような仲間です。

いつものノリツッコミでグングン笑顔が増していく。

会長の長男氏も非常に楽しんでいただいて1軒目線の居酒屋は”大実現”だった。

さらにの大実現があった。誠に3お客で8,000円!安く済んだ!宜しいはやりです

さて、根っから考えていた暖簾とは違うところにはなったが、人々の代表に紹介してもらったウェイティングルームに通う

入って個室で乾杯をする。

入った瞬間に何となく頭の中で違和感を受けとる。

3お客でバカみたいな広さの個室にいると不思議な心地だった

綺麗な女の人がずっといらっしゃる。

前述までの笑ってばかりの流れと全く違う「ハイクラス」と一目で聞き取れるところに来ていたのだ・・・

さっきの居酒屋のように馬鹿笑いのある流れは僅か・・・

なんとかカラオケで盛り上げるがカラオケが終わるとさほど音が弾まない。

微妙な流れが流れたところで歳月が来てお会計。

”大罪”です

そこでの費用は10万円を超えていた・・・

1軒目線と2軒目線の大きな違い・・・それは一番最初に行ったバリエーションの2と1だった。

あらかじめ確認しておきながらの設定勘違い

そこからまさかの常務エグゼクティブが合流・・・

使った金額にやはり大目玉です・・・

同士はそれほどに帰され、やましい流れが流れた中で夜は更けて出向く・・・

最後に何かしらのどんでん返しがやってこないか試行錯誤したが何もならず解散・・・

ミッドサマーなのにさんざっぱら夜振りが体にしみる夜であった・・・